健康や育毛など男性の悩みを中心にいろいろと書いてみます♪

禁煙は薄毛予防にも歯周病予防にもなる?

「タバコを吸うことは百害あって一利なし。」なんてよく言いますよね。

まさにその通りで、喫煙は薄毛の原因にも歯周病の原因にもなるようです。

禁煙は薄毛予防にも歯周病予防にもなる?

でも、禁煙することは、逆に薄毛予防にも歯周病予防にもなるようです。

確かに、「歯の治療を受けるために、どうしようもなく禁煙することにした。」なんて言う人も少なくないですよね。

さすがに、生活に支障が出るくらいの症状が出ると、禁煙に踏み切る方は多くなりますよね。

喫煙がなぜ薄毛や歯周病の原因になるのか?

ところで、喫煙がなぜ薄毛や歯周病の原因になるのでしょうか。

まずは、タバコのニコチンには、血管を収縮して血行を悪くする作用がありますよね。

体全体の血行が悪くなると言うことは、頭皮も口の中も血行不良に陥ると言うことです。

栄養や酸素が血液によって運ばれなくなり、頭皮や口の粘膜が栄養不足になってしまう危険性があります。

それから、タバコには悪玉コレステロールを増やすことで、さらに血行を悪くしてしまいます。

実は、私たちの体内は、悪玉コレステロールに抵抗するように出来ているようですね。

それでタウリンと言う成分を生成するのですが、この成分の原料となるのが髪の毛の生成に必要な「メチオニン」と言うアミノ酸です。

ここで髪の毛のアミノ酸が奪われてしまうと、育毛が不利になってしまいます。

また、喫煙は活性酸素を増やし、頭皮で発生する皮脂を過酸化脂質に変化させて毛穴詰まりを引き起こします。

この他に、喫煙は活性酸素の働きを抑える抗酸化作用に優れたビタミンCを大量に消費します。

このように考えると、やはりタバコを吸って良いことはありません。

薄毛や歯周病のリスクを背負ってまで喫煙するか、禁煙して薄毛や歯周病のリスクを回避するかですよね。

薄毛を気にするなら、この機会に禁煙することをお勧めします。

二コレットガム、ニコチンパッチ、電子タバコなど、禁煙グッズは色々ありますよね。

禁煙外来を利用する前に、市販の禁煙グッズを試してみるのも有りかも知れませんね。


Copyright(C) 2012 健康マニア! 亮二の徒然なる日記 All Rights Reserved.